データ伝送サービス

ログイン

ログイン

「法人向けインターネットバンキング」のログイン画面より、「ログインID」と「ログインパスワード」を入力していただき、「法人向けインターネットバンキング」のトップ画面から「データ伝送サービスメインメニューへ」をクリックしてください。
マスターユーザと「法人向けインターネットバンキング」の『一般ログイン登録画面』にて許可された一般ユーザのみが利用できます。

「データ伝送メインメニュー」画面が表示されます。

<※承認パスワードの変更>
初めて利用される場合は、「データ伝送サービスメインメニューへ」をクリックすると『承認パスワードの変更』画面が表示されますので、データ伝送サービス申込書に記入されました「仮承認パスワード」の変更を必ず行ってください。半角英数字6~12桁にて登録してください。変更が終了すると『データ伝送メインメニュー』画面が表示されます。

データ伝送メインメニュー

データ伝送メインメニュー

「データ伝送メインメニューへ」をクリックした後に表示される画面です。

『お知らせ』

当行からのお知らせが表示されます。

『承認待ち取引』

承認待ちの取引を確認する場合は、この画面もしくは各取引のトップ画面から確認できます。

一般ユーザの方がログインされる場合

マスターユーザの方から指定された「ログインID」と「ログインパスワード」を入力し、「ログイン」をクリックしてください。

『作成中取引(画面入力)』・『未完取引(ファイル受付)』

「確定」されていない取引を再開する場合に使用します。

『総合振込』・『給与振込』・『賞与振込』

それぞれの操作方法をご確認うえ、処理をおこなってください。
総合振込、給与振込、賞与振込データの作成や操作方法はすべて共通です。

『取引状況照会』

照会時現在の取引状況や月・日単位の受入状況等の確認ができます。

『登録追加・変更』

振込データの作成、ユーザ情報の変更、企業情報の変更や手数料情報の登録ができます。

『承認』

「総合振込」・「給与振込」・「賞与振込」で作成されたデータを、当行に送信する際に使用します。
送信前のデータの「差戻し」や「取り止め」もここで設定・変更できます。「承認」をご覧ください。

『お知らせ画面へ』

他の画面からこの『お知らせ画面』に戻るときにクリックします。

『トップ画面へ』

「法人向けインターネットバンキング」の『トップ画面』に戻ります。

『ログアウト』

データ伝送サービスを終了する際には必ずログアウトをしてください。

登録内容の照会・追加・変更

登録内容の照会・追加・変更

この画面から、振込データの作成(総合振込や給与・給与振込)、ユーザ情報の変更、企業情報の変更や手数料情報の登録ができます。

1.ユーザ情報登録

ユーザ情報登録

マスターユーザの方は、「データ伝送サービス」について一般ユーザの方に権限を設定する必要があります。『登録内容の照会・追加・変更画面』より、「ユーザ情報」をクリックしてください。

『ユーザ選択』画面のユーザ一覧から、該当ユーザの「変更」をクリックして、上記画面のプルダウンメニューより変更を行ってください。

ユーザ権限のプルダウンメニュー項目について

作成・承認可能:データの作成もできて、振込データの承認もできる。

作成可能:データの作成のみ利用できる。
操作不可:該当のサービスの利用を許可しない
(上記は、一般ユーザの画面です。マスタユーザは、承認パスワードの変更のみです。)

2.企業情報の変更

企業情報の変更

『登録内容の照会・追加・変更』画面の「企業情報」をクリックすると上記画面が表示されます。

振込データ作成方法の入力方法を登録する画面です。「入力方法」の部分で変更をおこなってください。
初期設定は、「伝票入力」となってます。

  • ・伝票入力:登録された入金先が個別表示され、金額等を入力する方法です。
  • ・一覧入力:登録された入金先が一覧表示され、金額等を入力する方法です。

3.先方負担手数料の登録・編集

先方負担手数料の登録・編集

『登録内容の照会・追加・変更』画面の「手数料情報」をクリックすると上記画面が表示されます。振込手数料を受取人払いとするときに負担していただく手数料を登録ください。

この登録により、振込データ作成時に振込手数料「先方負担」を選択すると振込金額から先方負担手数料を差引き振込を行います。

例) 10万円の振込をする場合で、先方負担手数料が840円(窓口手数料)で設定し、銀行に支払う手数料が630円の場合

(振込金額[1]) (受取人負担手数料) (振込金額[2])
100,000 円 840 円 99,160 円
(振込金額[2]) (当行の振込手数料) (口座から引落しする金額)
99,160円 630 円 99,790 円

「基準手数料読込」の「読込」をクリックすると、当行規定の手数料が適用されます。

4.振込先情報の追加・照会・編集

振込先情報の追加・照会・編集

4-1.振込先を追加

振込先を追加するときに利用します。

・『登録追加・変更画面』から「総合振込」もしくは「給与・賞与振込」をクリックし、「振込先を追加」をクリックします。
既に登録してある振込先を変更・削除する場合は、「振込先を照会・編集」をクリックし該当振込先を変更もしくは削除してください。

  • ※振込先は最大100 件迄登録可能です。
  • ※以下に総合振込の登録内容追加・変更操作を説明しますが、給与・賞与振込も同様の操作方法です。

4-1-1.振込先金融機関の選択

振込先金融機関の選択

  • ・振込先の金融機関を金融機関一覧から選択、もしくは「金融機関コード」、「金融機関名」いずれかで「検索」をクリックしてください。
  • ・該当の金融機関が表示されるので、該当の銀行名の「選択」をクリックしてください。/li>

4-1-2.振込先支店の選択

振込先支店の選択

  • ・『振込先金融機関の支店を選択画面』が表示されますので、振込先の支店名も銀行名検索と同様の方法で、支店名を検索し選択してください。

4-1-3.振込先情報の入力

振込先情報の入力

  • ・金融機関名」と「支店名」が表示されますので、「科目」、「口座番号」、「受取人名(半角カナ入力)」、「登録名(任意入力、全角)」を入力して、「登録」をクリックしてください。
  • ・「振込先情報登録の確認」画面が表示されますので、確認後「OK」をクリックしてください。
    ※「登録名」とは任意に設定可能な項目です。
    例えば、登録名に漢字名称や、分かりやすい屋号を入力する等。もし「登録名」を記入しなくても受取人名が全角で表示されます。また、入金先口座登録一覧は「登録名」の昇順で表示されます。

<ご注意>
口座番号、受取人カナ氏名が相違しますと、受取人口座への入金が遅延しますので必ず受取人に確認 のうえ入力してください。

操作画面

  • ・『振込先を入力しました』というメッセージが表示されたら、登録は完了です。
    続けて入力する場合は、「追加入力」をクリックしてください。
    登録を終了する場合は、「メニューへ」をクリックしてください。
    (『追加・変更・操作内容を選択』画面に戻ります)
  • ※登録した内容を照会もしくは修正する場合は、『追加・変更・操作内容を選択』 画面で「振込先を照会・編集」をクリックしてください。

4-2.振込グループの登録

振込グループの登録

振込先を振込指定日別等によりグループ分けする場合に利用します。『追加・変更・操作内容を選択』画面の「グループを作成・変更」をクリックすると上記画面が表示されます。

振込先グループの作成

『振込先グループ一覧画面』の「新規作成」、「グループ名変更」どちらを押しても、『振込先グループの新規作成・変更』画面が表示されます。

  • ・「新規作成」をクリックすると、グループを登録できます。
  • ・「グループ名変更」をクリックすると、既に登録してあるグループ名を変更できます。

4-2-1.振込先グループの新規作成・変更

振込先グループの新規作成・変更

  • ・グループ名を入力してください。
  • ・「次へ」をクリックすると次の『振込先グループ登録の確認』画面が表示されるので、確認をし「OK」をクリックしてください。

操作画面

4-2-2.振込先グループのリストを編集

振込先グループのリストを編集

振込先グループのリスト作成

  • ・『振込先グループ一覧画面』の「リスト編集」をクリックすると、上記画面が表示されます。
  • ・グループ登録したい振込先の前にあるチェックし、「編集」をクリックすると確定されます。

振込データの作成

振込データの作成

1.振込データの作成方法を選択

『データ伝送メインメニュー』画面の「総合振込」もしくは「給与・賞与振込」をクリックするとこの画面が表示されます。

データの作成は、「新規振込データ作成へ」もしくは「振込ファイル受付へ」をクリックしてください。振込の入力の仕方には大きく分けて「都度振込(一覧形式・伝票形式)」、「ファイルでのデータ読み込み」があります 。

都度振込

データ伝送の画面上で、振込データを作成する方法です。入力形式の変更は、『企業情報の変更』で行ってください。

  • ・一覧形式→登録された入金先が一覧表示され、金額等を入力する方法です。
    『振込データの作成(一覧方式)』画面が表示されます。
  • ・伝票形式→登録された入金先が個別表示され、金額等を入力する方法です。
    『振込データの作成(伝票方式)』画面が表示されます。

ファイルでのデータ読み込み

給与ソフト等を使用してデータを作成したものを読込方法です。『振込データを登録画面』が表示されます。
データフォーマットは、全銀規定フォーマットです。作成方法は、ご使用のソフトのマニュアルをご覧ください。

1-1.振込データの作成(一覧方式)

振込データの作成(一覧方式)

  • ・振込データ作成画面に必要事項を入力し、「一覧から入力」をクリックしてください。
  • ※「カレンダーを表示」ボタンで「振込指定日」が選択できます。
  • ※「取引名」と「コメント」は任意入力となってます。「取引名」が未入力の場合は、「未入力○月○日分」と表示されます。「コメント」とは、承認者へのメッセー ジです。
  • ・振込指定日等を入力後、「一覧から入力」をクリックすると次の「振込明細の入力」画面が表示されます。
  • ・「新規振込先追加」は、一覧にない先を追加するメニューです。
    なお、この追加されたデータは処理後、「データ伝送」のシステムには登録されないので次回以降振込が発生する先であれば、『追加・変更画面』の「振込先の追加」を行ってください。
  • ・「振込データ削除」をクリックすると、作成された振込データがすべて削除されます。
  • ・「入力中止」をクリックすると『振込データ作成方法の選択』画面に戻ります。

1-2.振込明細の入力

振込明細の入力

  • ・振込先一覧から振込をされる先の「振込金額」を入力してください。
    入力後、「一覧入力完了」をクリックしてください。
    振込データ確認画面「振込データ作成」が表示されます。
  • ・「前回金額一括コピー」をクリックすると、前回入力された金額が金額欄に反映されます。
  • ・「グループ・検索」をクリックすると、次の『振込先の検索』画面が表示されますので、任意の項目で検索してください。

振込先の検索画面

1-3.振込データの確認

振込データの確認

  • 「振込明細の入力」完了後、「一覧入力完了」をクリックすると、上記確認画面が表示されますので、登録された内容に問題がなければ、「確定画面へ」をクリックしてください。
  • ※「保存」ボタンをクリックすると、振込データの一時保存ができます。ただし保存先は、お客さまのパソコンではなく中継センターに保存されるのでご注意ください。
  • ・「振込データ削除」をクリックすると、作成された振込データがすべて削除されます。
  • ・「入力中止」をクリックすると『振込データ作成方法の選択』画面に戻ります。

1-4.振込データの確定

振込データの確定

  • 登録内容を確認したうえで、「承認者」を指定して「確定」をクリックしてください。
  • 「振込データの確定依頼を受け付けました。」というメッセージが表示されます。
    振込データの作成作業は終了です。
  • ※承認者の方に承認依頼のメールが送信されます。
    この時点では、作成されたデータは伝送されていません。振込データの承認を行っていただくことでデータは、当行センターに伝送されます。
  • ※データの処理状況について
    お客さまにお送りした電子メール、「取引状況照会」もしくは各振込のトップ画面にてご確認いただけます。
  • ※振込データのエラーチェック結果は「総合振込」ボタンから該当取引の「編集」ボタンをクリックしてご確認いただけます。

<ご注意>

  • ・15:00以降の他金融機関への振込について翌営業日扱いとなります。
  • ・振込データの受付は20:20までです。

2.振込データの作成(伝票方式)

振込データの作成(伝票方式)

振込データ作成画面に必要事項を入力し、「登録振込先から選択」をクリックしてください。

  • ※「カレンダーを表示」で「振込指定日」が選択できます。
  • ※「取引名」と「コメント」は任意入力となってます。
  • ・「取引名」が未入力の場合は、「未入力○月○日分」と表示されます。
  • ・「コメント」とは、承認者へのメッセージです。

2-1.振込先の選択

振込先の選択

振込先選択画面から、「A.検索して選択」か「B.一覧から選択」のいずれから振込先を選択してください。

  • ・「検索から選択」の場合
  • 検索したい内容を入力して、「検索」をクリックすると画面の下に対象先が表示されます。
    振込先の「選択」をクリックしてください。
  • ・「一覧から選択」の場合
  • 『B一覧から選択』に一覧表示されている振込先の「選択」をクリックしてください。

『振込先情報の入力画面』が表示されます。

2-2.振込先情報の入力

振込先情報の入力

・総合振込の場合 「EDI 情報」、「顧客番号」、給与・賞与振込の場合、「社員番号」、「所属コード」をそれぞれ任意で入力できます。

選択した振込先が表示されるので、必要事項を入力してください。 入力後、「入力完了」をクリックしてください。 『振込データの作成』画面が表示されるので、入力データを確認してください。

2-3.振込データの確認

振込データの確認

  • ・今回振込先に選択されている先とその合計が表示されます。登録された内容に問題がなければ、「確定画面へ」をクリックしてください。
  • ・追加で振込データを作成される場合は、「登録振込先から選択」をクリックしてください。『振込先の選択』画面から『振込データの確認』までの手順を繰り返してください。
  • ※「保存」ボタンをクリックすると、振込データの一時保存ができます。ただし保存先は、お客さまのパソコンではなくセンターに保存されているのでご注意ください。

2-4.振込データの確定

振込データの確定

登録内容を確認したうえで、「承認者」を指定して「確定」をクリックしてください。

「振込データの確定依頼を受け付けました。」というメッセージが表示されます。振込データの作成作業は終了です。

  • ※承認者の方に承認依頼のメールが送信されます。
    この時点では、作成されたデータは伝送されていません。振込データの承認を行っていただく事でデータは、当行センターに伝送されます。
  • ※データの処理状況について
    お客さまにお送りした電子メール、「取引状況照会」もしくは各振込のトップ画面にてご確認いただけます。
  • ※振込データのエラーチェック結果は「総合振込」ボタンから該当取引の「編集」ボタンをクリックしてご確認いただけます。

3.ファイルでのデータ読込

ファイルでのデータ読込

3-1.振込データを登録

給与ソフト等を利用して作成された振込データを登録するときに利用する。

  • ・『振込データの作成方法を選択』画面から「振込ファイル受付へ」をクリックしてください。
    上記の『振込ファイルを登録画面が』表示されます。
  • ・「参照」をクリックして、給与ソフト等で作成された振込データを選択してください。
  • ・「承認者」をプルダウンメニューで選択し、「ファイル受付」をクリックしてください。
  • ※なお、1 回の振込データの受付可能件数は500件までです。

3-2.振込ファイルの確定

振込ファイルの確定

『振込ファイル確定画面』にて、内容を確認後、「確定」をクリックしてください。
※「承認者」の方にメールが送信されます

承認

承認待ちのデータを承認者が承認します。承認後、振込データは当行へ送信されます。

1.認証待ち取引の一覧

認証待ち取引の一覧

『データ伝送メインメニュー』画面の「承認」をクリックすると、承認待ち取引一覧画面が表示されます。表示された画面から、承認を行いたい取引の「詳細」をクリックしてください。

  • ※「詳細」をクリックすると、該当振込データの確認ができます。
  • ※承認依頼メールにある「承認URL」をクリックしてから、「ログイン」された場合は、直接上記の画面が表示されます。

2.取引の承認

取引の承認

『取引承認』画面で、取引内容を確認後、「承認パスワード」(半角英数字6~12桁)を入力し、「承認」をクリックしてください。

  • ※「承認」ボタンをクリックした後は、取引内容の修正が不可能となりますのでご注意ください。
  • ※金額は、お客さまが事前に届出をされている取引限度額内となります。
    正常に受け付けられた場合でも1 日の取引限度額を超えた場合、エラーとなっている可能性がございますので、データ承認後、お客さまにお送りした電子メールもしくは「取引状況照会」メニューで必ず処理結果をご確認ください。
  • ※「承認」された後に、必ず所定の様式で豊和銀行事務統括部宛にFAXをお送りください。

<ご注意>

  • ・15:00以降の他金融機関への振込については翌営業日扱いとなります。
  • ・振込データの受付は20:20までです。

このページのトップへ